訪問介護ってどんなサービス?

訪問介護ってどうやったら受けられるの?

「訪問介護は、どのようにしたら受けられるのですか?」という質問をよく受けることがあります。その前に、訪問介護の対象になる人について、ご説明しておきたいと思います。
原則として、訪問介護の対象となるのは、要支援1以上、または要介護1以上と認定された人のみです。

 

訪問介護サービスを受けようと希望しているなら、まずはお住まいの近くの市区町村役場に出向いて、要介護認定を受けるための申請手続きを行う必要があります、新生してから、要介護認定を受けるまでには30日程度の日数がかかります。訪問介護を受けたいという希望があれば、できるだけ早めにこの申請手続きをしておくことです。

 

週に何回程度、訪問介護サービスを受けられるのかについては、要支援・要介護度により、さまざまな違いがあります。要支援1の認定を受けた場合は、訪問介護は週1〜2回程度で、要支援2と認定された人は週3回まで利用できます。各市町村によって、訪問介護を利用できる回数やサービス内容に、格差が生じる場合もありますので、詳細についてはケアマネージャーなどに尋ねておくと良いでしょう。

 

訪問介護によるサービスを受けられるようになるまでには、早くても1か月ぐらいの日数がかかります。なお、訪問介護では、衣類の着脱、入浴・食事、排せつなどの身体介護やベッドの体位変換などの介助、買い物、調理、掃除、かかりつけの病院への通院、散歩、薬の受け取りなどに関するサポートが受けられます。